初日
昨日、無事に「KAMIのNAKA」初日があけました!
深谷さんの濃厚な存在感。そして、今回の個人的な発見ですが、作品と共に、子供にもビーナスにも変幻自在に映し出されていく居方でした。

恐るべし、深谷正子の動体。

素晴らしい幕開けとなりました。ご来場の皆様にも感謝です。

うん。コレを見なくちゃぁ、ダメでしょう・・という企画だと確信しました!(もうね、自分で言っちゃう。笑)


撮影:岩崎純子

(2019年 11月 12日 [火曜日])

この空間!
兎に角、凄いです!!
必見です。

「KAMIのNAKA 」
柳井嗣雄の紙芸術と4人のダンサーによる4日間

2019年11月12日(火)〜15日(金)
19:00open 19:30start 
料金:3000円(4日通し券 8000円)

※12,13,15日「afternoon performance」 15:00open 15:30start 料金:1000円

於:アトリエ第Q藝術
小田急線「成城学園前」駅より徒歩3分
〒157-0066 東京都世田谷区成城2-38-16  tel 03-6874-7739(13時-19時)

【出演者】
12日(火) 深谷正子
13日(水) 三浦一壮
14日(木) 藤井マリ 浦邊雅祥/a.sax
15日(金) 木村由 白石雪妃/書 川村祐介/tp 大塚惇平/笙 石原雄治/dr

照明:早川誠司 
協力:アトリエ第Q藝術 玉内公一 長坂光司 岩崎純子 細田麿臣

(2019年 11月 11日 [月曜日])

KAMIのNAKA
このたび、ダンスパフォーマンス蟲はアトリエ第Q藝術の協力を得て、紙芸術作家の柳井嗣雄氏の作品展示空間で、深谷正子、三浦一壮、藤井マリ、木村由の4人の踊り手が各日其々にパフォーマンスを繰り広げる4日間を企画しました。
柳井氏の生命力と精神性の織り成す作品空間に個性豊かな踊り手が挑みます!

是非ともこの機会をお見逃し無く、足を運んで頂けると幸いです。

「KAMIのNAKA」
━柳井嗣雄の紙芸術と4人の踊り手による4日間━

2019年11月12日(火)〜11月15日(金) 19:00 開場 19:30 開演

11月12日(火) 深谷正子
11月13日(水) 三浦一壮
11月14日(木) 藤井マリ 浦邊雅祥/a.sax.
11月15日(金) 木村由 白石雪妃/書 川村祐介/tp. 大塚惇平/笙 石原雄治/dr.

料金 各日3000円 (4日通し券 8000円)

※12日(火),13日(水),15日(金)は afternoon performance 有り。料金 1000円 (4日通し券でもご覧いただけます)
於 成城学園前アトリエ第Q藝術

世田谷区成城2-38-26
成城学園前駅より徒歩2分
TEL 03-6874-7739

(2019年 11月 6日 [水曜日])

「KAMIのNAKA」 ━柳井嗣雄の紙芸術と4人の踊り手による4日間━
このたび、ダンスパフォーマンス蟲はアトリエ第Q藝術の協力を得て、紙芸術作家の柳井嗣雄氏の作品展示空間で4人の踊り手が各日其々にパフォーマンスを繰り広げる4日間を企画致しました。

初日、11/12(火)はダンスの枠を取り払い、1976年 から開始した「動体証明」シリーズ、日常的身体動作を種にした「ダンスの犬ALL IS FULL」での作・演出等、動体としての表現を追求し〈そこに体がある〉〈塊としての体〉をコンセプトに、常に圧倒的な存在感と共に精力的に活動を続けている深谷正子による幕開けです。
2日目、11/13(水)は70年代のアバンギャルドな芸術シーンで壮大な舞台活動を繰り広げ、国内外で活動後、一旦ダンスから離れるも、80歳を迎えて再び踊りの場に見事に復帰を遂げ、南米に復活を期しながらも今一番旬で注目されている踊り手である三浦一壮。
3日目、11/14(木)は踊りに留まることなく、写真や絵を通しても自我を見詰めながら坦々と歩み続ける藤井マリは、強烈なエネルギーと独特の個性で突き進んでいるサックス奏者の浦邊雅祥とのミラクル?!な共演。
最終日、11/15(金)はちゃぶ台ダンスという独自の活動を続けながらも即興という場でのダンスを模索している木村由が、2014年FIFA W杯日本代表新ユニフォームのコンセプト「円陣」揮毫の他、2015年のイタリア、ミラノ万博でのインスタレーションの発表や2018年度株式会社資生堂 クレ・ド・ポー・ポーテにて「6人の女性たち」に選ばれるなど、国内外で大活躍している書道家の白石雪妃と、独自のセンスと感性で空間性と静寂さをもトランペットで表現する川村祐介、即興ライブ他アジア各地の楽器演奏家とのコラボレーション、屋久島等各地の寺社にての奏楽奉仕等と精力的に活動を行っている笙演奏家の大塚惇平、ドラムセットを使い「擦る」「叩く」「弾く」「転がす」を主体とした演奏方法を用いて、豊かで俊敏な音を奏でる石原雄治との共演。

(2019年 11月 5日 [火曜日])

長沢哲Live Tour 2019 at アトリエ第q藝術
私の即興活動には欠かせない存在になっている、ドラムの長沢哲さんのツアーが始まっています。

10月25日(金)@アトリエ第Q藝術

去年は、私にとって色んな縁を感じざる得ない存在の数々を引き寄せてくださった、齋藤徹さんとの忘れられないトリオでした。
徹さんのコントラバスに、二人で拮抗しつつ、徹さんの凄さをまざまざと実感したのを昨日のように思い出します。去年の貴重な体験を通して、今年は、再びDUOでのチャレンジです!

是非、足をお運び下さいませ。

2019年10月25日(金) 19:00 open 19:30 start

長沢哲 / drums
木村由 / dance

料金 予約:2000円 当日:2500円
於 成城学園前アトリエ第Q藝術

世田谷区成城2-38-26
成城学園前駅より徒歩2分
TEL 03-6874-7739

(2019年 10月 21日 [月曜日])

バックナンバー Powered by HL-imgdiary Ver.3.00