ネコ応援型ダンスイベント
「ニャンコ最高!それ行けニャニャニャニャニャー!‼︎」

2020.7/24(金・㊗️)
17:30開演(20:00終演予定)

会場/中野区桃園区民活動センター・ B1F 多目的室(JR中野駅南口から徒歩5分。)
❇︎申し訳ありませんが、会場への直接の問い合わせはご遠慮ください。

タイムスケジュール&出演者
1部 17:30〜 (男子は先に踊っときなさいよー!編?)
出演/壺山彦々
   神林和雄
   スピロ平太

2部 18:15〜 (フレッシュ女子!編?)
出演/フジコ
   オカザキ恭和
   坂田有妃子

3部 19:00〜 (ねえさん酒豪ですね!編?)
出演/ペリコ
   木村由
   Abe"M"ARIA

協力/hosomaro、望月隼人、鹿野華代子

●それぞれがソロで踊ります。上演時間は各10-20分です。
●3部上演後「誰でも参加歓迎!飛び入りフリータイム」、Abe持参・グンマいやげ物争奪ジャンケン大会あり。
●感染予防策として、各部の間に5分程度の換気タイムあり。

❇︎観覧は完全予約制で、各部の定員は20名とさせていただきます。
途中入退場可ですが、通しで観覧出来ない場合、なるべく各部でのご予約をお願いいたします。
このようなご時世ですが、ぜひ多くの方にお楽しみいただきたく、ご協力お願いいたします m(__)m

料金/カンパ制
❇︎集まったお金は全額ボランティア団体さんに寄付します。

予約・問い合わせ/
mail : gajimani@i.softbank.jp
。お手数ですが予約のご連絡をお願いいたします。

2月に開催した企画の2回めです。日頃お世話になってるネコ達のために何かしたい!そんなAbeの呼びかけに、今回もまたびっくり〜!なメンバーが集まってくれました。...ちょっとちょっと、今回は女子率高いよ〜💖 "男子は先に踊っときなさいよ!"ってな感じです。笑。
メンバー上演後、飛び入りタイムも予定しています。そして最後は、現在グンマ在住のAbe持参「いやげ物争奪ジャンケン大会✊✌️✋!」でシメです!誰も望んでいない、ってか?笑。

そんなこんなできっと楽しいイベントになること間違いなし。そこのざわついてる男子、とっとと予約しなさいよー!...あ、皆さまのご予約お待ちしておりますニャニャニャニャニャー!‼︎

(2020年 7月 20日 [月曜日])

こちらも!
日本の箏とコリアン打楽器の即興に、ダンスと舞踏がコラボ。想像しただけでわくわくの組み合わせ!

いよいよ明日です。
5月に予定していたライブです。
とても、とても楽しみにしていました。

東京では、コロナ感染警戒度が最高レベルになったみたいです。

こんな状況ではありますが、この貴重な時間を大事にしながら踊りたいと思っています。

お客様自身の体調等、どうぞ無理なさらないで下さい。
マスク着用等、充分に気をつけて感染拡大防止にご協力下さいますよう、お願い致します。

2020年7月17日(金) 19:30 open 20:00 start

三浦一壮 / 舞踏
丸田美紀 / 箏
香村かをり / 韓国伝統楽器
木村由 / ダンス

料金 2000円+ドリンクオーダー

於 入谷なってるハウス
日比谷線入谷駅から徒歩約8分
つくばエクスプレス浅草駅から徒歩約8分
JR鴬谷駅から徒歩約13分
銀座線田原町駅から徒歩約13分
東京都台東区松が谷4-1-8 1F
TEL 03-3847-2113

(2020年 7月 16日 [木曜日])

いよいよ!
蜂谷真紀 木村由 森重靖宗

2020年7月9日(木) 19:30 open 20:00 start

料金 2000円

蜂谷真紀 / voice, etc.
木村由 / dance
森重靖宗 / cello
於 成城学園前アトリエ第Q藝術

世田谷区成城2-38-26
成城学園前駅より徒歩2分
TEL 03-6874-7739

久々にこの3人が集合。ドラマチックな展開になるか、緊張の対峙になるか、予想がつきません。
どうぞお立会い下さい!

(2020年 7月 8日 [水曜日])

ちゃぶ台ダンス2020「夏至」
無事に開催する事ができました。
感謝です。

急な変更にも拘らず、足を運んでくださったお客様、丁寧に対応、協力してくださったテルプシコールの秦さん。本当に感謝の念に尽きません。

久しぶりのテルプシコール。
にも拘らず・・
ちゃぶ台ダンスは、ほぼ完全な家内工業。いつものように投光器や機材を持ち込み、受付も段取りも太田と二人で何とかやりこなす状態で、質素な公演での開催。ついこの間まで、ちゃぶ台ダンス「夏至」をテルプシコールでやることになるとは、思いもしていなかったのですが、いざ、あの空間に身体を置くと、いつもと違う緊張感が走りました。心の中で「キムラ、落ち着け!」と、呪文のように言い聞かせながらのスタートで、ちょっと焦りもあったのか?久しぶりの舞台空間でのちゃぶ台は、終わってみると、あっと言う間でした(実際、上演時間も短かった。苦笑)。どうだったのだろうか?と、思うも・・。お客さんとも、このご時勢で終演後の歓談も無しで、すぐに静かになった会場。少し寂しさもありましたが、太田と二人で、近くの居酒屋でホンの2杯ほどのお酒を呑んで、今まで無かったぐらいの早々の帰宅でした。
家に着いてからも、二人で差し入れに頂いたカレーパンを食べながら、ちょっと寂しさもあり固定カメラに収めた映像を見ることに・・。お客さんが居て、舞台が始まり、終わっていく様子を見ながら、本当に色んな人に支えられながらのちゃぶ台ダンスだったんだ!と、ジワジワと押し寄せてきました。
なんと、不器用な事を繰り返しているのか・・。
でも、だからこそ、気が着いた事もあり、とても大事な場である事を再確認しました。

そして、同時に決断しなくてはいけないのかもしれないという思いもあります。

どうしたらよいのか・・

今、正に迷っています。

ちゃぶ台に乗って16年。「夏至」と「冬至」のシリーズを続けて、気が着けば12年。

周期というのなら、もう、とうに過ぎている。

過ぎ去りし日が有るのならば・・

と、

今、私は感謝と共に、そう、思っています。

私にとってのちゃぶ台は、わざわざちゃぶ台に乗ることでは無いかもしれない。

そんな思いも有ります。

正直、そんな思いと、今後、またチャレンジしたいちゃぶ台の姿もあります。
そんな事をアレコレ考えながら・・
兎にも角にも、今は試行錯誤の連鎖で暗中模索。(相変わらず・・笑)

私はまだ、生きています。
私ではない人が、生きていてくれた事の確認も、何と心強かったか!
何とか、生きて欲しい命がたくさん在る。
どうしたら良いのか?
身近な存在がどんなに大事なのか・・身近に寄り添えてくれる存在がどんなにも心強いか。。
本当に、本当にありがとう。。
ココに居てくれて、ありがとう。

ちゃぶ台より、愛を込めて・・

撮影:岩崎純子

影が躍りだすちゃぶ台ダンスでした。

(2020年 6月 23日 [火曜日])

深夜廟「ひかげぼっこ」
久しぶりのお客さんの居る空間でのソロ。
深夜廟でした。
4ヶ月毎に行っている深夜廟は、中止という事は無かったのですが・・

何というか・・
いつもと、変わらぬ事がこんなに新鮮に感じた事も無かったかもしれない。。。

撮影:岩崎純子

(2020年 6月 22日 [月曜日])

バックナンバー Powered by HL-imgdiary Ver.3.00